これ 

講師略歴(Bio)                                                      Japanese,English

【 主任講師の他、経験あるパートナーも必要に応じて、講師を致します。】

石川 洋(いしかわ ひろし)
日本人材マネジメント協会JSHRM執行役員
 SHRMコンピテンシー研究会 代表世話人
 戦略的人材マネジメント研究会 代表世話人
株式会社スマートビジョン 代表取締役
 戦略的人財マネジメントセンター 代表
 国際メンタリング&コーチングセンター 代表
【主な略歴】
 東京工業大学卒、慶應ビジネススクールMBA取得。日立製作所、ソニー株式会社で、海外マーケティング、販売促進、グローバル人材マネジメント支援、人材開発・育成支援業務を中心に通算25年、一貫して国際ビジネスに従事し、海外販社や海外販売網の育成・支援業務に従事。米国現地会社役員として約5年勤務後、独立。
 欧米人の考え方、行動特性、日本人との考え方及び行動形態との違いに関する造詣が深く、パフォーマンス・コーチング及びメンタリングの日本での普及活動に貢献。
 2002年以降、タレント開発協会ATD、国際メンタリング学会、他の各種の活動に積極的に参加し、その状況を各種のメディアを通して、情報発信を続けています。
 欧米のコーチングやメンタリング事情を日本で導入し易い形に体系化し、「よくわかるビジネス・コーチング入門」(日本能率協会マネジメントセンター)、「会社が変わる、組織が活きるパフォーマンス・コーチング」(日本実業出版)、「メンタリング・バイブル」(国際メンタリング・コーチングセンター)として発売。新刊書「競争に勝ちたいなら人材育成を「見える化」しなさい」2010年12月末、中経出版から発売。
 長年、各種の説明会、講座、セミナー、ワークショップ、講演、個別研修等を、既に数百の団体に対し、数千回実施し、参加者は延べ1万人近くにのぼり、大きな反響を頂きました。

 人材育成・人材開発のプロフェッショナルのための7つの国際大会に、通算31回参加し、計9回英語で成果発表、11の認定プログラムを修了特に国際メンタリング学会IMAでは、アジア初の5回成果発表をこなしたアジアで一番熱心な「人材育成・人材開発メンタリングの達人」として、知られています。 国際メンターシップ大学院大学教授(2005-2006年)、更には、厚生労働省管轄、職業能力開発総合大学校、能力開発研究センター、訓練評価調査委員(2006-2007年)を歴任。
 2005年からは、日本人材マネジメント協会JSHRM内に、戦略的人材マネジメント研究会を発足し、代表世話人として、人財開発と人材育成に力を入れる仲間同志の協力関係の構築、人材育成担当者への支援活動も積極的に推進、2009年7月から、日本人材マネジメント協会JSHRM 幹事に就任
 2010年4月、外務省管轄の国際団体アジア生産性機構APOの要請により、9月10-13日バンコクで開催予定の中小企業向けタレントマネジメント会議チーフ・エキスパートとして活躍。
 2011年から、早稲田大学オープンカレッジにて、「人材育成の見える化と卓越の人材育成戦略」、「パフォーマンス・マネジメント講座」や「タレントマネジメント講座」も担当した。
 2020年11月、Josh Bersin Academyにて、10の認定プログラムを修了。
 People analyticsでは、Score100%を達成。


【活動の基本理念】    こちらをご覧ください。

【当センターの7つの強み】こちらをご覧ください。

【代表からの新年のメッセージ】 

謹賀新年

すでに、オンライン セミナー、オンライン研修が中心に!  
 2020年は、コロナ、コロナで、あっという間に、一年が過ぎました。
 今年は、東京オリンピックの年で、日本が注目される年です。
 世界に、Japan is back! と言いたい所ですが、果たして、どうなるかは、コロナ次第です。 しかし、この困難の年でも、成長しているレジリエント企業があります。 
 2021年は、そのようなレジリエント企業になるための支援に力を入れます。
 世界で最先端、かつ、ホットな人材マネジメントを提供するJosh Bersin Academyから
レジリエント企業になるためのノウハウを取り入れ、皆さんの回復力の強化を強力に支援します。 今後は、すべてのセミナー、研修サービスは、すべてオンライン対応になります。
 従い、大阪、神戸、九州、北海道、シンガポールであろうと、オンラインにて受講できます。 すでに、2020年4月より、2つの研究会(SHRMコンピテンシー研究会、戦略的人材マネジメント研究会)は、オンラインで実施しています。    
 シンガポールからの参加者が、いかにも東京にいる如く、オンラインで、相手の方の動きを確認し、リアルタイムで会話ができますので、大変便利で、交通費時間の節約になります。 
 ソフトは、現在の所、マイクロソフト チームス(MS Teams)を使って実施していますが、Zoomをご希望の方には、Zoomにも対応します。
 
AI時代での人財マネジメントは、どうあるべきか! 
 昨年度は、HRテックでの枠組みで、色々と検討しましたが、今年は、HRテックの主要要素であるAIの活用法との切り口で、最新で、最適の人材マネジメントに取り組みます。 
 Josh Bersin AcademyHR in the age of AIコースを1月から受講予定です。
 この中で、紹介されている、拡張インテリジェンス(Augmented Intelligence)や、認知企業(Cognitive Enterprise)とは、どんな企業なのか、HR変革(HR transformation)とは、スキル革新(skills revolution)、AIでの倫理観(Ethical AI)に関しても、当センターのコース内で学べる様にする予定です。これは、画期的なことでもあります。
 また、「どのように効果的に行動できるのか?」を理解するため、Giving Voice toValues(GVV)モデルの考え方にも挑戦します。
 皆さんも、一緒に考えてみませんか?

 まず、どんなものかを考えてみたい方は、まず、2つの研究会(戦略的人材マネジメント研究会SHRMコンピテンシー研究会)に参加ください。
 SHRMコンピテンシー研究会は、開始から、すでに4年目になります。
 1月のSHRMコンピテンシー研究会は、「従業員と労使関係」で、世界的な従業員との関わり合いを支援する団体には、どんな所があるのか、これからの従業員と経営者や上司との関係に関して学びます。  
 また、2月の戦略的人材マネジメント研究会では、「AI時代でのあるべき人財マネジメント」に関して考えます。 
 従来の人材マネジメントの基本的な考え方だけでなく、今後の方向性を含めた将来志向の研究会になりますので、楽しみにしてください。  
 各回ともに、特別に制作しました大変わかりやすい資料を提供しますので、毎回参加すれば、立派な保存版になります。
 詳細につきましては、こちらから、詳細問い合わせください。
 連絡をお待ちしております。
              2021年 1月 元日    石 川  洋

トップページに戻りますこのぺ゜ーじの先頭に戻ります


職場での着実な導入と定着を支援する
戦略的人財マネジメントセンター
国際メンタリング&コーチングセンター
All rights reserved (c)Copyrights 2021 株式会社スマートビジョン


関連用語は?

持続可能な組織になるには?新HRMガイドライン 
ANSI HRM標準とは?   
ANSIパフォーマンスマネジメント
従来型のPMとの違いは?  

ANSIの戦力計画とは?      ANSIの人財指標とは
人財指標と人財分析とは?
 
レジリエント人事
HRテックは?
ピープル アナリティクス 

従来型のPMとの違いは?  
コンピンテンシーとは
SHRM版コンピテンシー

エンゲージメントとは?
エンゲージメント3.0とは
やりがいあふれる職場とは?
モチベーション3.0
しあわせ感とは?
トータルリワード
キャリアとは?

I型/WE型人材とは?
メンターとは?

目標による管理MBO
OKRとは?
パフォーマンスとは?
パフォーマンスマネジメント
MBOとPMの違い
パフォーマンス評価?

コーチングとは?
メンタリングとは?
リーバスメンタリングとは?
メンタリングプログラム
個別対応リーダーシップとは

タレントマネジメント
ダイバーシティとは?
リテンションとは?

現場力とは?
見える化とは?
育成の見える化とは?
見える化とコーチング

SBPとは?
満足保証とは?
偉大な会社になるには
アジア優良企業ブランド大賞とは

これからの人事は?  
グローバル人財マネジメント


      関連情報は?

トピックス
各種コースの概要
ワークショップ日程

@コーチング&メンタリング基礎コース 
Aパフォーマンスマネジメント実践コース 
Bメンタリング活用コース
C人材育成の見える化コース
Dタレント・マネジメント・コース

      企業研修
概要編
実践編
タレント開発

ケーススタディ

各種講演・視察旅行

     研究会
戦略的人材マネジメント研究会
SHRMコンピテンシー研究会

参加者の声(企業研修)
参加者の(ワークショップ)

メールマガジン
(過去メルマガが見れます)

雑誌掲載記事
/学会報告

     推薦書

ビジネス・コーチング本 
パフォーマンス・コーチング本
人材育成の「見える化」本
メンタリング・バイブル
図書・ケースの注文
顧客満足度視察調査報告

     FAQ

人材マネジメント
関連団体視察報告書

IMA2009
HR SUMMIT2012
ASTD2009
ASTD2010
ASTD2011
SHRM2010
SHRM2011
SHRM2012
SHRM2013
SHRM2014
SHRM2015
SHRM2016
SHRM2017
SHRM2018
SHRM2019
TDRP Conference

APO TM Meeting
(Japanese)
APO TM Meeting
(English)

新刊書
競争にちたいなら
人材育成を「見える化」
しなさい

 詳細こちら